2006年10月10日

成功する為の決断

決断

まず、私を変えましょう。 成功したいと思います。 あなたが考えるなら始めは決断から始めます。


しかしながら、ここでの決断

それは「したいと思う」「ありません」です。

利益「それがいつに可能であるかがします」が、「するのが必要であること」によるでない。

言うのをやめよう、「問題を全くしないでください、何、」 「それを絶対に達成してください。」


それを決断するのが必要です。


あなたが私が決断した現代に関する例としてそれを出すとき今年、1月終わりです。現世を知ったために。

それを決断したのが、もっとも、もちろん、このとき、心にそれを誓いました。

それは友人に言います、そして、メモで決断するために、書かれています。

それは現世の知人に宣言しました。

とにかく、それが私に言われた、「それを問題がないのに与えなかった、それがそうであった、こと、」 聞かせるために行動を取りました。


有名なものに関する例で

1963年7月24日
J・ Fケネディ大統領はこれらのCouu Hidakaの正面に現れました。

このとき偉大な大統領と握手した高校生はなります、そして、また、私は大統領になります。

それを母として育てるために話されて、それを決断したということでした。

今回、ビル・クリントン大統領であるにすぎません。


それはまさに人生を変えるというこの決断のためだけの機会になりました。


それは、まだそれを決断しているのであって、始めです。


それは決断でそれを断ち切ります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25211206

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。